「恨み晴らし代行」で男性を刃物で刺したとされる男 無罪を主張

ざっくり言うと

昨年8月、足立区のアパートで男性を刃物で刺したとされる22歳の男
4日の初公判で、検察側は男が「恨み晴らし代行」を受けたと指摘した
被害者の妻の依頼に応じて友人を誘い犯行に及んだとしたが、男は否定した

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました