甦る俳優座「新しいうねり」平成以降の低迷脱出…意欲的な新作、翻訳劇で活気取り戻す

老舗劇団「俳優座」が復活の兆しを見せている。文学座、劇団民藝とともに「新劇御三家」と言われ、数多くの有名俳優を輩出したが、平成以降は低迷の時期が長く続いた。しかし、ここ数年は意欲的な新作、翻訳劇の上演で活気を取り戻し、21年上演の5作品…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました