愛内里菜「度重なる被害」セクハラ訴訟の本人尋問で主張 プロデューサー「同意あった」と反論

専属契約を結んでいた芸能事務所のプロデューサーによるセクハラで精神的苦痛を受けたとして、タレントの愛内里菜(41)が同事務所「ギザアーティスト」(大阪市西区)に1000万円の損害賠償を求めた訴訟の本人尋問が10日、大阪地裁であった。愛内…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました