「オードリー・ヘプバーン」知られざる私生活や晩年の思いが凝縮されたドキュメンタリー

オードリー・ヘプバーンの存在の大きさを若い人に言葉で伝えるのはなかなか難しい。 私が映画をよく見るようになった70年代には半ば引退状態で、実は出演作は2本しか無かったのだが、洋画雑誌のグラビアでは常に人気上位にいた。9年ぶりの復帰作とな…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました