宮川花子、闘病後初の単身講演も“花子節”は健在 闘病、リハビリ生活も笑いに転化

多発性骨髄腫と闘う漫才師、宮川花子(67)が24日、奈良県生駒市の「たけまるホール」で、1月31日に発売した闘病記「あわてず、あせらず、あきらめず」の出版記念講演会を行った。闘病後、単身での講演は初めて。講演じたい約4年ぶりだったが、予…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました