杉田雷麟、初主演映画で山中での撮影無事願い塩まくも「まいた、その日からパンク」脱輪も相次ぐ

杉田雷麟(19)が22日、東京・テアトル新宿で行われた初主演映画「山歌」初日舞台あいさつで、撮影中に脱輪とパンクが相次いだとボヤいた笹谷遼平監督に対し、厄よけのために塩をまいたクランクイン当日からパンクしたと突っ込み、会場を笑わせた。 …
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました