父親が露側の捕虜に ウクライナの女性選手、北京パラ五輪の出場を断念

ざっくり言うと

北京パラリンピックに出場予定だったウクライナの選手が出場を取りやめた
UPC広報責任者は、父親がロシア側の捕虜になったとの連絡が入ったと説明
これを受け「出場できる精神状態ではなくなった」という

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました