永瀬正敏、役作りで「現実なのか夢なのか浮遊感を大事に」男女の禁断のエロスを描く

永瀬正敏(55)が19日、都内で、主演映画「HOTEL IRIS」(奥原浩志監督)の舞台あいさつに登壇した。 小川洋子氏の小説「ホテル・アイリス」が原作。男女の禁断のエロスを描いた。 永瀬は、役作りについて「原作がすばらしいので、現実な…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました