ロシア・ワリエワ選手のドーピング違反が波紋。祖父の心臓薬が原因と主張、医師の関与疑惑も…選手も不公平と激怒

フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が15日に行われ、昨年12月のドーピング問題を巡って大騒動になっているロシア代表のカミラ・ワリエワ選手(15)が、「82.16点」を獲得して首位スタートを切ったも・・・
Source: 芸トピ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました