さいたま市でコロナ感染の10代学生が死亡 播種性血管内凝固症を発症

ざっくり言うと

さいたま市で、新型コロナに感染した10代の男子学生が死亡したという
血管内に血栓ができる播種性血管内凝固症を発症し、死亡したそう
男子学生に既往症はなく、ワクチンを2回接種していたとのこと

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました