宮川花子、闘病記出版で相方大助の涙にツッコミ「あんたが泣いたらあかん言うたんやん!」

19年6月に救急搬送され、血液のがんの一種、症候性多発性骨髄腫を患い、当初は「余命半年」とも宣告された漫才師の宮川花子(67)が3日、相方で夫の大助(72)との二人三脚で闘病してきた様子をつづった「あわてず、あせらず、あきらめず」の出版…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました