「アバランチ」で倒されなかった男・木幡竜が映画初主演「僕自身の人生が」

元プロボクサーで単身、中国に渡って俳優になった逆輸入俳優・木幡竜(45)が「生きててよかった」(鈴木太一監督、5月13日公開)で映画に初主演することが25日、分かった。 劇中で、長年の戦いが体をむしばみ、ドクターストップで強制的に引退を…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました