「シン・エヴァンゲリオン劇場版」102億円で21年度の日本映画興収1位

日本映画製作者連盟(映連)の2022年新年記者発表会が25日、都内で行われた。 21年の映画界の概況と興行収入(興収)10億円以上の番組が発表され、東宝、東映、カラーが配信したアニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(庵野秀明総監督)…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました