氷川きよし新曲に思い「どんなハンディがあっても輝いていく」愛犬追悼歌も

デビュー23年目となる演歌歌手氷川きよし(44)が、新曲「群青の弦(いと)」を2月1日に発売することが17日、発表された。 「春の海」を作曲した盲目の箏曲師の宮城道雄さんを題材にした楽曲。作詩は原文彦氏、作曲は岡千秋氏、編曲は故丸山雅仁…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました