いろいろ考えさせられたマッカーシー監督新作映画のほろ苦い幕切れ

異文化が混じり合うフランスの港町、マルセイユで暮らすヴィルジニー(カミーユ・コッタン)はシングルマザーの舞台女優にして移民ボランティアも務める意識の高い女性だ。米国からやってきて、行きがかりで同居することになったビル(マット・デイモン)…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました