萩本欽一、仮装大賞「降板発言」の真相を告白「とりかえしつかない」

ざっくり言うと

2021年放送の「仮装大賞」の中で「私、この番組終わり」と発言した萩本欽一
2022年1月2日のラジオで、感染者が出ると思い責任を感じたと理由を説明した
だが誰も出ず、「初の失態だと思って。とりかえしつかないね」と語った

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました