松野官房長官「一刻の猶予もない」拉致家族の死去相次ぎ切迫感

ざっくり言うと

北朝鮮による拉致被害者の兄で家族会前代表の飯塚繁雄さんが死去した
高齢化した家族と被害者の再会までの猶予が限られている
松野博一官房長官は27日、一刻の猶予もない切迫感を感じていると述べた

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました