忽那汐里「プレッシャー感じていた」遊女役で顔を切られる壮絶なシーンに

クリント・イーストウッド監督作品「クライ・マッチョ」の公開を記念する過去作上映会が24日、東京・新宿ピカデリーで行われ、女優忽那汐里(29)、映画監督李相日氏(47)が舞台あいさつを行った。 日本版「許されざる者」(13年)に出演、監督…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました