水野良樹「笑顔とパワーの余韻が記憶の中でずっと明るいまま」寂聴さん偲ぶ

大正から令和まで、4時代を生きた作家で僧侶の瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)さんが9日、心不全のため、京都市内の病院で死去した。99歳。06年に文化勲章を受章した。 いきものがかり水野良樹(38)は11日、ツイッターを更新し「ある日…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました