津田寛治「ガーッと揺れた後、舞台あいさつ、どうなるかと」

津田寛治(56)が8日、都内で行われた主演映画「ONODA 一万夜を越えて」の初日舞台あいさつで、前日7日夜に関東を直撃した地震について「ガーッと揺れた後、舞台あいさつ、どうなるかと思った」と安堵(あんど)した。 この日が国内初お披露目…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました