金融機関の屋上や電線などに居座り続けた男 4時間半後にマットに落下

ざっくり言うと

6日に建造物侵入の疑いで現行犯逮捕された、自称・電気工事士の56歳男
名古屋市にある金融機関の屋上に、約4時間半にわたって居座り続けた
電線を渡り始めると滑り落ち、警察らが用意していたマットに落下した

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました