4代目春団治が振り返る生真面目な仁鶴さんが愛想よくなった「ゴルフ事件」

笑福亭仁鶴さんが17日、骨髄異形成症候群のため、大阪府内の自宅で亡くなった。所属の吉本興業が20日に発表した。84歳だった。 仁鶴さんは、初代桂春団治のレコードで落語を聴き、はなし家を志した。一門の流れをくみ、当代4代目桂春団治(73)…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました