【デーブ氏五輪総括1】開閉会式マイナス50点、選手の頑張りに感謝すべき

デーブ・スペクターが、放送プロデューサーとして日米を橋渡しして25年の経験で培った独自の視点から、東京五輪を斬った。 コロナ禍による1年の延期を経て、1兆6500億円に上った経費を「使いすぎ」、開閉会式についても「レベルが低いどころか演…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました