カンヌ映画祭審査委員長スパイク・リーが授賞式冒頭で最高賞発表の大チョンボ

世界3大映画祭の1つ、カンヌ映画祭授賞式が17日(日本時間18日)フランスで開かれた。その冒頭で、審査委員長を務めた米国のスパイク・リー監督(64)が、最高賞パルムドールを受賞したのがフランスのジュリア・デュクルノー監督(37)の「Ti…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました