カンヌ国際映画祭で濱口竜介監督らに脚本賞 最高賞は仏映画「チタン」

ざっくり言うと

17日夜、第74回カンヌ国際映画祭の授賞式が開かれた
日本人では初の受賞となる脚本賞を、濱口竜介監督と大江崇允氏が受賞
最高賞「パルムドール」にはフランスの「チタン」が輝いた

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました