女性落語家にわいせつ行為か、男性落語家を提訴 男性側は事実を否定

上方落語協会に所属する男性落語家からセクハラ被害を受けたとして、同協会所属の女性落語家が約780万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴したことが13日、分かった。同日、地裁(徳増誠一裁判官)で第1回口頭弁論が開かれ、男性側は請求棄却を求め…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました