コロナ後遺症が苦に…米人気脚本家が自殺「悪化する前に自分の意志で」

ざっくり言うと

ドラマ「ドーソンズ・クリーク」で知られる米人気脚本家が自殺した
新型コロナの後遺症で、身体の痛みなどに悩まされていたという
ブログでは「終わりが見えてこない」などと苦悩を明かしていた

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました