小野田寛郎さん史実が元の「ONODA」カンヌ映画祭ある視点部門OP作品

太平洋戦争後も任務解除の命令がないままフィリピン・ルバング島で過ごし、約30年後の1974年(昭49)に51歳で日本に帰還し、14年に91歳で亡くなった旧陸軍少尉の小野田寛郎さんの史実を元にした映画「ONODA(原題)」(今秋公開)が世…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました