陸上男子100メートル 山縣亮太が日本新の9秒95で優勝

ざっくり言うと

6日、陸上男子100メートル決勝Aで山懸亮太が日本新の9秒95で優勝した
予選は、山縣が10秒01の好タイムで五輪参加標準記録10秒05を突破
10秒01の桐生祥秀は、右アキレス腱痛の影響で大事をとり、決勝を棄権した

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました