瀬戸大也が五輪前に異例の「山ごもり調整」標高1750mの施設で合宿

ざっくり言うと

6日、競泳・東京五輪代表の瀬戸大也の強化スケジュールが説明された
異例の「山ごもり調整」で五輪本番を迎える方針を固めたとのこと
長野県にある標高1750mの施設で約2週間の合宿を実施するとしている

記事を読む
Source: ライブドア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました