市川海老蔵の新作歌舞伎、内容一部変更 差別的な場面があると批判相次ぎ

歌舞伎俳優の市川海老蔵が主演・演出を務める新作歌舞伎舞踊「KABUKU」に「差別的」な場面があるとインターネット上などで批判が相次ぎ、松竹は5日までに、京都・南座での公演の内容を一部変更したと明らかにした。 作品は「コロナ禍を経験した人…
Source: 日経スポーツ芸能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました